記事の検索

登録されている記事をキーワードで検索することが出来ます。

Menu

この月に書かれた記事

« 放射光(シンクロトロン光)という光 その1 | メイン | 愛知県に出来る新しいシンクロトロン施設を見てきました。 »

2011/07/24

放射光という光 その2:その特徴は

放射光 UVSORサイトよりさて、その放射光という光は、普通のランプなどの光とどこが違うのかというお話です。
まず放射光の特徴として大きなのは、次の2点です。

1.遠赤外線域の長い波長から可視光、紫外線、エックス線、そしてガンマ線までの短い波長までの幅広い光成分を持っている。

2.光の指向性(平行性)がとても強くて、光ビームの大きさが広がらない、非常に明るい光なので、分光して特定の波長の光を取り出したり、小さな試料の光分析をするのに使いやすい。

この1番の、「広い波長域の光」という事ですが、放射光は広い波長域全体に、ほぼ均一の強さを持っている光なのです。
通常の白熱球などの光ですと、下の図のように青い光の成分は少なくてパワーも弱く、赤色の光成分は多くて、とてもパワーも強い特性があります。それに比べてけい光灯の光は、紺、青と緑、黄色の光が尖がってパワーがありますが、それ以外の光はなだらかな山を描いています。
00hakunetu.jpg 00keikoutou.jpg
  [白熱電球の光]    [けい光灯の光]

それに比べて放射光の光と言うのは、下の図のように、幅広い波長の光が含まれていて、それら全ての波長でパワーが強い光なのです。
00synchro.jpg
注意:この図は、たとえばこんな感じ・・というイメージ図です。放射光の分光分布図ではありません。

つまり、放射光はこのように幅広い波長域に渡って、均一な非常に明るい光なのです。そのために、いろいろな物質に光を当てて、調べるのに、とても都合が良いのです。


※画像の引用について
・放射光の写真は、分子科学研究所 「UVSOR」のサイト http://www.uvsor.ims.ac.jp/introduction/ より使用させて頂いています。
・電球の分光分布図については、「アカリセンター」サイト  http://www.akaricenter.com/ より使用させて頂いています。