記事の検索

登録されている記事をキーワードで検索することが出来ます。

Menu

この月に書かれた記事

« フレネルレンズというレンズ | メイン | 音の屈折現象を利用した「音のレンズ」 »

2010/01/20

思わず笑ってしまうような自転車を発見

先日ネットで調べ物をしていたら、とんでもなく面白い自転車を発見しました。
前後に一輪ずつのちょっと大型のスケーターのような構造なのですが、ペダルはありません。大きめのデッキが付いているだけなのです。でもキックして走るにはデッキが高すぎます。
では、どうやって走るのでしょうか?

こちらが、その自転車を紹介しているサイトです。
実は、このデッキがなんと、ルームランナーのようなベルト構造なのです。
つまり、この自転車に乗って、ルームランナーのようにデッキの上で走るのです。すると、その動力が車輪に伝わって動くというメカニズムのようです。
このサイトには動画もありますが、何とも笑ってしまうような自転車です。
まあ、地面を走るよりはエネルギーは少なくて済むでしょうけど・・・
このサイトでは、どちらかというとJokeでいろいろな面白い自転車を開発しているようで(英文なのでイマイチ)それをレンタルしているようです。